着物でGO!GO!GO!

着物を着る事ができる大チャンス!!

結婚式

結婚式などのお祝いごとに着物を欠かせません。しかし、着物は場所や着る人を選ぶ物で、その場に相応しい装いをしていかなければならないのです。結婚式に相応しい装いを詳しく説明します。まず、既婚女性の第一礼装は留袖になります。留袖は留袖でも、家紋の入った黒留袖が一番格が上とされています。最近は、新郎新婦のお母様だけが着用していることが多いですが、親族なら着用してもかまいません。結婚式の参列に訪問着や振袖を着用する場合、少々ルールがあります。いくら未婚だからと言っても、30歳を超えて振袖を着用するのは相応しくありません。この場合、訪問着を着用した方が場に馴染みます。また訪問着を着用する場合、なるべく華やかな模様をあしらった物を着用することをお勧めします。

吉祥紋様や、御所模様がこれにあたります。黒留袖を着用する場合、帯は金糸や銀糸を使用した物を使うのが習わしとなっていますが、訪問着の時、特にルールはありません。着物に合った華やかな柄を選ぶことをお勧めします。また帯締めは、黒留袖は金糸と銀糸が使われている物、または白が基本となっています。華やかな場から、現在は金と銀が主流に使われているので、これらに合わせた物を選ぶと良いです。さて、親族ならの黒留袖ですが、既婚でも比較的年齢の若い方は、訪問着の着用が主流となります。この時の帯の締め方は幾つかルールがあります。まだ若い20代の未婚女性なら、文庫系がかわいらしく華があります。

文庫系の帯結びは、見た目がリボンの様で、結び方も簡単にアレンジすることができます。30歳以降の人は、お太鼓系が主流となります。どんな場にも結んでいける基本のお太鼓結びをはじめとし、ふくら雀や乙女太鼓なども、お祝いごとの席ではよく見られる帯結びです。ちなみに、慶事の席では袋帯が基本となります。この袋帯を使ったお太鼓結びを二重太鼓と呼び、嬉しいことが重なりますようにと言う願いも込められて使用されているのです。

この様に着物には、1つ1つに意味がある物が多く、時にそれらはダジャレから来ている物も存在します。昔の人の遊び心が着物に反映されているのです。40歳以降になれば、二重太鼓を締めていくのが通例となります。また草履ですが、銀色のものよりも、金色の草履を1つ持っていれば訪問着にも、黒留袖にも合わせることができるため、非常に便利なアイテムとなります。合わせてバッグも金色で揃えておくと、長く使うことができます。