着物でGO!GO!GO!

着物を着る事ができる大チャンス!!

お宮参り・七五三

日本には、昔からの風習があります。お宮参り・七五三も日本の昔からの風習です。お宮参りは赤ちゃんの健やかな成長を祈る行事で、一般には男の子は生後31日か32日目、女の子は32日か33日目に行くのが良いとされています。決まっているわけではないので、赤ちゃんの体調や、都合に合わせて近くの産土神社にお参りして、お子さんの健やかな成長を祈願しましょう。昔は産土神社にお参りすることで氏神様に新しい氏子として祝福を受け氏神様に紹介するために宮参りをしていました。宮参りの服装は、一般的には赤ちゃんには羽二重の着物を着せて、家紋の付いた祝い着を上から羽織らせて抱いていきます。

昔は父方の祖母が付き添って神社に行ったのですが、最近は父方の祖母だけでなく、母方の祖母も付き添うことが多くなりました。お宮参りの時に、鍋墨や紅などで額に、×や犬と書いて魔除けの印を付けるところもあります。これは犬の子はよく育つということが由来だと言います。お産の後1か月は女性の体はけがれていると言われ神社の鳥居をくぐることを嫌っていましたが、今はそれほど気にしなくてもよいのではないかと思います。両親家族がそろって、氏神様に生まれてきた新しい家族を紹介する方が、神様も喜んでくれるのではないでしょうか。

七五三は、7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う行事です。江戸時代5代将軍徳川綱吉の長男の健康を祈って始まったという説もあります。七五三は、3歳は男女、5歳は男の子、7歳は女の子が11月15日に子供の成長を祝ってお宮参りをする行事で昔は数え年でしたが最近は満年齢でお祝いする場合がほとんどです。子供達は、きれいな着物に身を包んで神社にお参りをします。七五三には欠かせない千歳飴、子供の長寿を願い、粘り強く細く長い形状で、縁起の良い紅白の飴になっています。千歳あめの袋にも、縁起の良い鶴と亀や松竹梅の絵が描かれていて、長寿と健康を願う縁起物です。

最近はお宮参りをせずに写真だけをとる家庭もありますが、写真はあくまで成長の記念で撮るのであり、七五三という行事を大切にするのであれば、子供が無事に育っていることを感謝して、子供の今後の幸せをお願いするために、神社にお参りに行くのがよいです。お参りは11月15日に必ず行かなくてはならないものではありません。11月15日は人も多く混雑することもあり、家庭の都合に合わせていけるときに行けばよいので、子供の健やかな成長を祈祷しに出かけましょう。日本には昔から伝わる行事がいろいろあり大切にしていきたいものです。